廃車買取の補助金について

廃車買取の補助金について

最近では多くの人が新車自動車や中古自動車を頻繁に購入するようになりました。この原因として、自動車を購入した場合これまで乗っていた中古自動車を売却しますが、これまでは中古自動車の性能はそれほどよいものではありませんでした。

一般的に、自動車は使用すればするほどその性能は逓減していきます。特にエンジン部分や電気系統はこうした傾向が強いため、中古自動車のこうした部分はなかなか継続して使用することができませんでした。

一方で最近では技術革新が進み、これまで脆弱だった部品が強化され、長期間の使用にも耐えられるようになりました。また、車体も強化が進み、これまでは日光や雨風に長期間さらされると車体の塗装がはげたりしていましたが、最近ではこうした部分も改善され、長期間の使用にも外観的にも耐えられるようになりました。

そのため、多くの人が中古自動車を頻繁に買い替えたりできる体制が整いましたが、それでも長期間自動車を使用した場合は廃車処分することになります。

自動車を廃車にする場合、廃車買取業者に売却して、その廃車買取業者が自社で分解やスクラップなどを行い、大部分は鉄くずとなります。廃車となる自動車の中にも希少金属やなかなか産出されない部品が多く含まれています。特に高級自動車を廃車にする場合、こうした傾向が高くなります。

そのため、解体業者は事前にこうした高価な部品や希少価値のある部品を自動車から抜き取り、それを抜いた上でスクラップなどの処分を行います。スクラップされた鉄くずなども金銭的な価値があります。例えば、スクラップにより出された鉄くずを熱で溶かすことにより、また自動車や別の部品として再利用することが可能です。

また、国内で引き取り手がいない場合は、中国や韓国など経済発展が著しい海外諸国に対してその鉄くずを輸出する方法もあります。

廃車される自動車そのものが資源や技術の塊で、色々それ以外の用途があるといわれています。今後は環境に優しい社会を目指すことが必要とされていますので、自動車とはいえすぐに処分するのではなく、使える部品やリサイクルできる材質は可能な限りリサイクルをして環境に優しく負担をかけない社会を目指すことが求められています。

廃車を買取した際には補助金が出されます。一定期間の間に新たに自動車を購入して、その間にいままで乗っていた自動車をスクラップした際に出るものです。自動車のサイズで貰える補助金が違います。