廃車買取のあとの証明書

廃車買取のあとには何も証明書が残りません

廃車買取を利用して自分の車を手放す場合に何か特に注意する事はあるでしょうか。基本的に普通に自動車を中古車とし手放す場合と同じです。

ただその後に名義変更されるのではなく廃車される。つまり解体リサイクルされて、登録上も完全に抹消される。つまり永久抹消されると言う点が違うだけです。

どちらにしても自分の名義で登録されていた自動車の登録が、解除されると点では同じです。この様に考えると、廃車買取の場合も、中古車として売却するのもほぼ同じことですので、同じように、きちんと正規の手続きがされることが重要です。

ただし中古車として転売した場合と違って、解体抹消して廃車した場合には、そのことを証明する書類が売主であるあなたにも買い取った業者にも残りません。

これは解体してしまって、既に再利用する車もなくなってしまっているので、その車の再利用のための証明書は必要ないことからです。

むしろそういうものがあると、架空の車の登録に利用されたりする可能性がありますから、解体抹消すると何も残らないようになっているわけです。

しかし廃車すると、何も書類が残らないのですは、不便なことがあります。例えば車にかけていた任意保険の割引の継続に乗っていた自動車を廃車したという証明書が必要ですが、そういう書類が何もないことになります。これには登録事項証明書というものがあります。

これは廃車後に請求すると廃車されている現在の状況を車検証と同様の形式の用紙で出してくれます。軽自動車の場合は検査記録と言う形になります。買取業者は特に依頼しないとこの書類は用意してくれません。必要なら買取時に後で郵送してくれるように、依頼しておくと良いでしょう。

またその際にその手続きが有料になると思いますので、自分で交付手続きをするのもいいと思います。廃車が終了していることを確認してから陸運局へ行って交付申請をします。

管轄の事務所でなくてもできます。ナンバープレートの番号、車台番号、所有者の氏名、住所などが必要になりますので、控えておく必要がありますので、そうしてください。

手数料は今の状況が載っている現在証明で300円です。印鑑はあった方が良いですが、申請者が自著すれば必要ありません。また身分証明は必要です。運転免許などを持っていってください。任意保険の手続きなどはこの証明の本書でなくてコピーでも出来るので、複数は必要ないでしょう。必要に応じてコピーして使ってください。